着物のお手入れ/着物染み抜き・しみ抜き・着物クリーニング・東京都町田市の旭屋

HOME > 着物のお手入れ

着物のお手入れ

旭洗い

徹底した溶剤管理に基づき、シミや汚れの油成分を確実に落とす為に開発された旭屋独自の丸洗い技術です。
対象を油成分に絞ることによって従来の丸洗いの欠点である生地の縮みや風合い変化、逆汚染を防ぎ、また一点一点
汚れ方に応じたブラッシングや洗剤を選択する事で無理、無駄のない効率的で着物に優しい洗いを実現しました。
丸洗い=縮む・風合い劣化・きれいにならない・・・はすでに過去のモノとなりました。
今までの丸洗いに満足できなかったり、後悔した事がある方はもちろん、そうでない方も是非一度、旭洗いをお試し下さい。

しみ抜き

習い事や普段着としてよく着る着物で、衿元や数箇所程度の比較的小さなシミを抜きたい時におすすめです。
洗っていない為、一箇所ずつ油性分の除去をしてから水性処理・酵素処理・薬品処理等をしていく事になります。
従ってシミの数がたくさんあったり、範囲が広い時などは逆に料金が高くなってしまう事がありますので、
注意が必要です。(事前にご相談いたします)
また、シミの部分しか手入れをしない為保管中に他の箇所が変色してくる恐れがありますので、長期保管前のお手入れとして
はお勧めできません。あくまでも応急処置と思って下さい。

仕上げ

着物は、預かったときからくるいがある品物もあります。
水性処理して縮みが少々出るものもあり様々ですが、旭屋では時間をかけてくるいを修正し仕上げます。

洗い張り

着物を一度ほどいて水洗いするお手入れ方法です。
特徴は全体を水で洗う事ができる為、普段の丸洗いや部分的なしみ抜きでは除去できない水溶性のシミや汚れを除去し、
カビや色のくすみの原因となる古くなった地糊までケアできる事です。

仕立てかえ

和服は、何度も「直し」をしながら着るものです。寸法を直したり、生地をとりかえたり、適切なメンテナンスをすれば、
一枚の着物を、何年も、何人にも、何種類でも、何世代にも着続けることができるのです。
タンスにしまったままの着物や、よごれてしまった着物をもう一度きれいに輝かせましょう。

湯通し

湯通しとは通常お仕立て前にする作業で反物を一旦お湯の中に浸けることを言います。
似た言葉で「湯のし」というのがありますが、これは蒸気をあてて生地を張り、伸ばす事を指しますので、全く別の工程です。

このページのトップへ